ファラデーについて

ファラデーテクノロジー社は最先端のファブレスASIC/SoCおよびシリコンIP (知的財産)プロバイダーで、世界でトップ50社、台湾でトップ10社に入るファブレスICベンダーとしてランクされています。新竹サイエンスパーク(台湾)に本社を置くファラデーは、米国、日本、ヨーロッパと中国を含む世界中にサービスおよびテクニカルサポート・オフィスを持っています。1993年に創立以来、世界中に毎年出荷される何億個のASICチップとともに、ファラデーは民生機器、マルチメディア、ディスプレイ、通信、ネットワークおよびPC周辺機器/ストレージといった広範囲にわたるアプリケーションにおける何千もの成功例を通して、その専門知識と能力を認められてきました。

ファラデーは、包括的な自社開発のIPポートフォリオをもつ数少ない主要ASIC/SoCベンダーです。何千もの価値あるIPを蓄積した中で、ファラデーのIPはチップ動作検証され、また、セル・ライブラリ、メモリ・コンパイラ、プロセッサ・コア、アナログIP、周辺IP、および完全なインターフェースIPソリューションを含みます。これらのIPは、大幅にお客様のシステム集積時のリスク、IPライセンス費用を低減させ、市場への導入時間の短縮を助けます。さらに、IP開発の長年の経験を通し、消費電力、サイズと性能等に関して、ファラデーはお客様の特定の製品ニーズを満たす信頼性の高いIPカスタム化にも柔軟に対応可能です。

設計サービスの面では、ファラデーは完全で信頼性の高いASIC設計インフラ、フローおよびオートメーション・システムを有し、特に10年以上の経験を持つプロフェッショナルなチームによって運営されています。そのうえ、ファラデーはファウンドリー、パッケージおよびテスト・ベンダーとの強い長期的協力関係を構築し、最初のスペック定義、システム集積化から最終的なパッケージとテスティングまで、前もって計画することで開発および生産の効率化を目指しています。

お客様が高集積で複雑度の高いSoCに取り組むことを助けるために、ファラデーはIPにおける豊富な経験、IP集積化、IP検証およびチップ・単体ではなくシステム・レベルのHW/SW協調設計を提供いたします。当社は設計の初期段階からシステム・レベルを考慮に入れ、ファラデーが自社開発したSoCプラットホーム(Architecture Exploration、Integration Express、Verification Express、および SoCreative!)を活用、タイム・トゥー・マーケットに即したスケジュールで、高品質かつ信頼できるソリューションの提供を目指します。これまで、これらのプラットホームは、40nmプロセスで開発された非常に複雑な3億ゲートのSoCを含む、多くのプロジェクトで活用されてきました。

20年という研究開発への継続的な取り組み、数多くの市場での成功経験およびお客様からの高い評価を有するファラデーのチームは、引き続きIP及び設計サービスに邁進していきます。特に「Design for Excellence」の会社ポリシーの下、ファラデーは継続的なパートナーとしてお客様のために、市場におけるコア・コンピタンスの強化および最も付加価値のあるソリューションとサービスを提供すべく常に努力していきます。


会社紹介
 会社名
Faraday Technology Corporation
 製品及びサービス - ASIC/SoC設計サービス
- IP製品、SIP
 取締役会長 Stan Hung
 取締役社長 Steve Wang
 広報担当者 Grace Tseng
 本社 新竹(台湾)
 海外拠点 米国、日本、ヨーロッパ、中国
 2015年収益 USD 208 Million